ペルー

マヌー国立公園

ペルーing

 アマゾン川の源流の一つであるマヌー川の流域に広がるのがマヌー国立公園(Parque Nacional del Manu)です。ジャガーやエンペラータマリンなどの絶滅危惧種の動物も多く生息しています。1万5328km2という広大な熱帯雨林は3つのエリアに分かれており、その90%は一般の立ち入りが禁止されています。
 文化地区は地元の人々が居住し、ここでは狩猟、漁業、森林伐採が自然環境を破壊しない範囲までなら許されています。保護地区はエコツーリズムに開かれた地区で、居住・狩猟・森林伐採が禁止されています。そして国立公園地区は、現在居住しているいくつかの部族以外の一般人立ち入りを禁止しています。
 ジャングルの観光シーズンは4〜10月にかけての乾期です。7〜8月には動物たちがマヌー川へ水を飲みにくる姿を観察することができます。エコツアーにはクスコから参加します。セスナ機でクスコからボカ・マヌー村(空港)まで約30分です。
 
マヌー国立公園
 
   

Copyright © 2005-2009 Peruing. all rights reserved.